一か月ぶりに葉山一色の山の手に出かけた。7月も後半だというのにまだ正式な梅雨明け宣言は出ない。葉山海岸からの潮の香りが漂ってくる。

久しぶりに晴れ上がった月曜。ランチに葉山一色にある隠れ家的手打ち蕎麦屋の暖簾をくぐる。
4

おおよそ外見からは蕎麦屋にみえない。六代続く地元葉山で漁商を営む。地魚を中心に手打ち蕎麦が評判。

3

靴を脱いでくつろぐ店内は畳の和室でなごみの雰囲気。

2

兵役経験のあるおお女将のご主人当年95歳だという。毎日佐島に仕入れに行く。

外部との交流に加え、この立派?な秀逸な文字メニューを毎日書き換えるという

文字を書くことがボケの防止であろう。

1
90近いとは思えない現役のおお女将の笑顔で

古き良き時代の我がヨット部時代の昔話を交わす。

まさに凛とした現役を続ける女将からは潮の香りが漂う女と、潮の香りは女将にとっては最高の天然香水であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です