今、日本は超高齢化社会となり、2020年東京オリンピックの年には、全人口の約三分の一が高齢者という事になりそうです。

そんな中で私達は何が出来るか?… 考える時期になってきました。

 

ここ福井アロマスクール ジャスミンがある福井県坂井市でも高齢化が進んでいます。

地域の中核病院である春江病院とは介護アロマを通じて交流を深めています。

アロマトリートメントも病院で採用されています。

今週、当病院で介護アロマチームで健康フェアに参加します。

この機会に是非足をお運び下さい。

~お知らせその1~

6月24(日)医療法人博俊会 春江病院様主催にて

「健康フェアinはるえ」~知りたいね!私たちの地域と健康~ が行われます。

当スクールでもハンドトリートメントのコーナー及び介護アロマに使用する浅井先生プロデュースの「愛ケアクリーム」など販売致します。

 

~お知らせその2~

さて今年も7月7日(土)・8日(日)に介護アロマセラピーの第一人者、浅井隆彦先生をお招きして

「介護アロマセラピスト養成講座」を福井県坂井市で開催する事となりました。

全国で介護アロマを広めていらっしゃる浅井先生の講座は北陸地区としては今回で9回目になりますが、毎回定員を満たすという人気ぶりです。

 

浅井式介護アロマは、心や体を癒すばかりでなく、実技「冷え・むくみ・不眠」に特化し介護する側、される側にも有効なセミナーとなっています。

 

今回は内容も更にリニューアルされました。

介護施設、病院にお勤めの方、又ご家庭でも是非「介護アロマセミナー」に注目して頂きたいと思います。

 

PS,

セミナー終了後は、浅井先生から終了証を受け取り、更にレベルアップされる方には認定証が授与されます。又、講座終了後の復習会も行います。

 

■お問い合わせはジャスミン(西畑)0776-51-1088まで。

 

ジャガイモの花

<読売夕刊に「においセンサー」という連載取材記事のご紹介>

今現在は一社で何事も進めるべきではないというのは、明治の時代も五代友厚が先人ではいた。

五代の大阪商人の信頼は絶対的であった。

国の重職を辞退してまでも、大阪商人の味方になって在野した。

 

そしてこれからの時代はお互いに出資して経済的失敗のリスクを避け、

新しい時代の企業のあり方(共同開発)を進めた。

 

その五代のチームプロジェクトの発想で、現在、匂いセンサー開発プロジェクトに出資社の得意分野を結集した。

匂いセンサーのリーダーである発起人の吉川元起さんは、

これからの時代を見据えた柔軟なチームリーダーとして立ち上がった。

当初、匂いセンサーとして開発しようとしていたわけではなかった。

液体物質中の高精度の測定器の開発を目指していた。

ところが液体センサーとしてよりも匂いセンサーとしての可能性が大きいことがわかった。

 

この匂いセンサーの用途について医療分野を考えているという。

癌の早期発見診断はじめ医療分野の有望性に現在、期待をかけている。

臭い香りの分野も化粧品美容だけでなく、今や最先端の医療分野にも応用され始めている。

注目に値する匂いセンサーに認知症にも朗報あることを期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です