嗅覚は絶大な心への救済療法になります。

疲れた心身に救いを求めてアロマバスや芳香療法は楽しみのひとつです。

それを知る介護医療従事者の中には、マイフレグランスを有してい人が多い。

年末になると、病院や介護施設では手薄のスタッフ体制だけに人員配置に四苦八苦。

正月は、せみて住み慣れた家庭で家族親族に囲まれ団欒を楽しみたいのは人情。

自宅がある場合はいいが、そうでない場合は、ショートスティはじめ在宅医療や介護のお世話になることとなります。

行き先がない患者を担当する在宅医療のスタッフは、正月どころでなく、さらに医療機関が休みの時に限って、なぜか緊急事態が発生することも多いと聞きます。

厳しい職場だからこそ緊張感の中にも、自らのご褒美にアロマの香りで癒されることを知っておく。

仕事中、そして、仕事が終わった後の楽しみとしても、ご自身のためにも介護アロマを活かされることをお勧めします。

 

One thought on “介護医療従事者のマイフレグランス”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    先生の御本感動しました。
    制度のことを熟知されてるだけあります。
    ゆっくりよんでみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です